個人がヘッジファンドに投資する 〜絶対収益追求型の投資信託など

hedge (写真=PIXTA)

「ヘッジファンド」という言葉は広く知られているが、実際にどのようなものなのか説明できるだろうか。

ヘッジファンドの「ヘッジ」は「リスクをヘッジ(回避)する」という意味からきており、売りと買いを組み合わせることで、相場の下落局面でも利益を出すことを目的としている。相場全体が上下どちらに動いてもプラスになることを目指しているので、市況環境に左右されにくい運用となっているのだ。

ヘッジファンドはハイリスク・ハイリターンの危ない投資先と思われるかもしれないが、それはもう過去の話である。もちろん、現在でもレバレッジをかけて投機的な運用をするヘッジファンドは存在するが、主流はむしろリスクを抑えた安定運用となっている。

驚異的なリターンを達成した「伝説の投資家」

ヘッジファンドのなかには、過去に驚異的なリターンを達成したファンドもある。とりわけ有名な投資家としては「投資の神様」ウォーレン・バフェット氏と「ヘッジファンドの帝王」ジョージ・ソロス氏が挙げられる。

バフェット氏は、1965年にバークシャー・ハサウェイ社の経営権を握ってから2015年までの約50年間に、株価を約2万倍にしている。この間にS&P500は約140倍になっているのだから、桁外れの上昇といっていいだろう。50年の複利計算では年率10.4%で約140倍、21.9%で約2万倍となる計算で、市場平均を10%以上上回り続けると50年後にはこれだけの差となるのだ。

ソロス氏は、1992年に英国の通貨ポンドへ空売りを行い、15億ドルともいわれる利益を得たことから「イングランド銀行を潰した男」と称されている。また、1970年には同じく著名投資家のジム・ロジャーズ氏とともにクォンタム・ファンドを設立し、1973年からの10年間で4,200%の驚異的なリターンをたたき出した。この間のS&P500の上昇はわずか47%だった。

投資手法の基本はロング・ショート戦略

ヘッジファンドの投資手法は多種多様で、複数の戦略を組み合わせるファンドも少なくない。そうしたなかでも、最も一般的なのがロング・ショート戦略だ。値上がりが期待できる資産を買い、値下がりが予想される資産を売ることで、市場全体が上下どちらに動いても利益を得る機会が持てる。一般に、買いポジションを「ロング」、売りポジションを「ショート」ということから、ロング・ショート戦略とよばれている。

また、ソロス氏の投資手法として知られるグローバルマクロ戦略も、人気のある投資手法だ。グローバルマクロ戦略では、世界各国の経済状況や政治状況を分析し、割安と思われる資産を購入し、割高と思われる資産を売却して利益の獲得を目指す。投資対象は株式、先物取引、為替などさまざまな金融商品が組み合わせられる。

グローバルマクロ戦略は、常に世界各国の情勢を知っておく必要がある。また、膨大な情報を処理する能力と、金融商品の幅広い知識が必要になることから、ヘッジファンドのようなプロ集団でなければ難しい投資手法といわれている。

ヘッジファンド型投信の登場で個人投資家にとって身近に

大きなリターンを期待することもヘッジファンドの魅力だが、最近人気を集めているのは「絶対収益追求型」のファンドだ。このタイプのファンドは主にロング・ショート戦略を用いており、相場の下げ局面に強いのが最大の特徴だ。なかには、リーマン・ショックで世界的に株価が急落した2008年でもプラスの収益を確保したファンドもある。

国内で販売されている絶対収益追求型のファンドには、「ブラックロック世界株式絶対収益追求ファンド」、「BNYメロン・リアル・リターン・ファンド」、「野村グローバル・ロング・ショート」などがあり、いずれも1万円前後から購入できる。

ヘッジファンドへの投資は、以前ならば数百万円から数億円といった資金がなければ始められないものだった。ところが、最近はヘッジファンドを組み入れた投資信託が販売されるようになり、個人投資家にとっても身近になっているようだ。

百年の計

イベントスケジュール