株式会社喜多屋 木下宏太郎氏/第一回福岡

THE EXPO百年の計 in 福岡」では、株式会社喜多屋の代表取締役社長木下宏太郎氏にご登壇いただきました。 株式会社喜多屋は、江戸末期の文政年間に九州一の穀倉地帯である筑紫平野南部の福岡県八女市で創業された長寿企業です。 約190年にわたり、屋号にある「酒を通して多くの喜びを伝えたい」という志のもと、日本酒造りに情熱を注いできこられた蔵元として知られています。 喜多屋では創業以来、「主人自ら酒造るべし」という家憲が受け継がれています。しかし、伝統を受け継ぎながらも、本格焼酎造りに取り組むなど新たな挑戦を続ける喜多屋は、昭和48年(1973年)に国内初となる減圧蒸留法を開発、焼酎業界に技術革新をもたらしました。 喜多屋では蔵の設備投資を進め、大吟醸酒・純米酒など、質にこだわった酒造りに尽力し、近年は米国など17ヶ国に商品を輸出し、海外にも積極的に展開しています。
2017年1月27日17時より限定30本にて販売している大人気の「大吟醸 極醸 喜多屋 搾りたて生酒 1800ml」。 福岡県糸島産山田錦の「新米新酒」「搾りたて生酒」です。 IWC 2013 日本酒部門 583銘柄での最優秀賞 第1位のチャンピオン・サケ を受賞。 福岡県糸島産「山田錦」を精米歩合35%に磨き上げ極寒に仕込み、わが子を育てるように大切に発酵させ、「しずく搾り」によって仕上げました。 優雅で華やかな香りと、芳醇かつ透明感のある味わい、余韻が絶妙のハーモニーを奏でていて素晴らしいとIWC審査員から絶賛された名酒をお楽しみください。

ホームページ http://www.kitaya.co.jp/
通販サイト http://kitaya.biz/shopbrand/ct21/
百年の計

イベントスケジュール