株式会社森八 中宮紀伊子氏/第五回名古屋

寛永2(1625)年の創業以来390年の歴史を誇る、金沢を代表する菓子舗、森八。中宮紀伊子氏は東京生まれで、現社長である18代当主の中宮嘉裕氏と結婚し金沢へ。現在、取締役女将として陣頭指揮をとっています。
森八は、「森下屋」の屋号のもと加賀百万石の御用菓子司として金沢の歴史と共に歩み、「長生殿」などの銘菓を創出。明治2年に屋号が「森八」となり、大正元(1912)年に合名会社へ、昭和42(1967)年に株式会社へ改組し、今日に至っています。
1995年には経営危機に追い込まれ和議を申請。金沢の菓子文化を支えてきた企業が必死に再建に取り組む様子はNHKのドキュメンタリーとしても放送され話題を呼びましたが、女将の奔走が実り9年で再建を完了。2011年には2階に木型美術館を併設した新本店をオープンさせるなど、以後順調に業績を伸ばしています。

百年の計

イベントスケジュール