岩井の胡麻油株式会社 岩井徹太郎氏/第六回横浜

安政4年(1857年)千葉県佐倉市にて、ごまや菜種、落花生などの搾油業を創業。ごまの原料は輸入していたため、原料の輸入に便利な横浜に明治26年(1893年)に移転。家庭用の小缶入り胡麻油、生食用「ふりかけ胡麻油」、黒胡麻から搾った健康油「無量壽」など画期的な商品を発売。昭和45年(1970年)、社名を岩井の胡麻油株式会社に変更。以来、ごま油の専門メーカーとして圧搾法・静置法にこだわり、ごま油を造り続けています。伝統の技を生かし、手間を惜しまず、じっくりと丁寧に搾られる胡麻油は、高い評価を受け、数々の表彰を受けています。平成26年(2014年)モンドセレクション国際優秀品質賞受賞。平成28年(2016年)ISO22000認証取得。現在は、横浜で地元小学校の工場見学を受け入れ、また地元食品メーカー・農家・料理人とも連携し、積極的に食育、地域貢献、地産地消活動に取り組んでいます。

百年の計

イベントスケジュール