株式会社あみだ池大黒 小林昌平氏/第七回大阪

株式会社あみだ池大黒は、江戸時代の文化2年創業。212年に渡り、大阪名物「おこし」を作り続けてきました。212年という歴史は、各時代の当主の「挑戦の積み重ね」によって築きあげられたものです。いつの時代も、お客様のニーズにお応えできるよう、真心をこめた商品作りを続けて参りました。最近では、伝統的なおこしの製法を活かし、新しい商品開発にも力を入れています。例えば、「pon pon Ja pon(ポン ポン ジャ ポン)」。こちらは、従来のおこしのイメージを一新した、ひと口サイズの新感覚おこしとして、大ヒットした商品です。このように、「暖簾にあぐらをかくことなく」、日々新たな挑戦を繰り返しています。

百年の計

イベントスケジュール