インカムゲインだけではなくキャピタルゲインも狙える不動産投資。都心のオフィスでポートフォリオを組む方法

(写真=Alina Yudina/Shutterstock.com)

東京への一極集中が加速している。東京都の調査によると、2017年8月1日現在の東京都の人口は、推計で1,373万5,582人となった。前月と比較して5,724人(0.04%)増加している。日本全体で少子高齢化に伴う人口減少が進むなか、これだけ高水準で増え続けている都道府県は他にない。まさに、一極集中である。

また、再開発も進んでいる。とくに2020年に開催される東京オリンピックにあわせた再開発は市況にも大きな影響を与え、都心のオフィス需要は堅調だ。森トラスト株式会社が行った供給量調査(2017年)によると、2018年は139万平方メートル、2020年は過去3番目に高い177万平方メートルなどと、今後はさらにオフィスビルの供給が増加すると予想されている。

オフィスの需要が高まっているということは、オフィスの資産価値も高まっていると考えていいだろう。将来的な市況を加味しても、投資対象として注目されるのは当然である。とくに、不動産投資(オフィス投資)の中でも有望なのが、ビルの新しい所有スタイルである「区分所有オフィス」だ。

不動産投資のおける「区分所有オフィス®」の特徴

「区分所有オフィス」は、一般的な自社ビルとは異なる。とくに、資産価値が落ちにくい都心のオフィスビルを、区分で所有できるという点が特徴的だ。1棟まるごと購入する場合には破格となってしまう好立地のビルも、区分所有にすることで、各企業が購入を検討できるようになる。繰り返しになるが、区分になることで、より好立地での購入が視野に入り、入居率だけではなく流動性も高く、リスク対策としての視点からも優れていると言える。

高まっている東京の好立地でのオフィス需要について考えると、今後はその資産価値が上昇していくことが予想される。つまり、空室率や家賃収入という点からも安定的に推移していくことが期待できるのだ。その点において、不動産投資の対象としても優秀であることがお分かりいただけることだろう。

このような特徴がある都心の「区分所有オフィス」はまさに、インカムゲインもキャピタルゲインも狙える対象であると言えそうだ。家賃収入としてのインカムゲインはもちろん、流動性が高いことを加味すれば、キャピタルゲインを狙うことも十分に可能である。投資対象として、このような不動産はそうあるものではない。

「区分所有オフィス」でポートフォリオを構築する

「区分所有オフィス」への投資を検討する場合には、とくに組み合わせを意識しておきたい。なぜなら、予算や目的に応じて最適なエリアと物件を組み合わせることが、投資全体のバランスを整えることに寄与するためだ。それが結果的に、リスクヘッジと収益の最大化を同時に満たすことにもつながる。

そこで活用したいのが、ボルテックス社の「ハイブリッドプレミアムビルディング(Hybrid Premium Building)」だ。このサービスを利用すれば、「区分所有オフィス」をポートフォリオとして構築することができる。分散して「区分所有オフィス」を保有しつつ、値上がりした物件を売却したり、あるいは新規に購入したりすることも可能だ。

一棟まるごとオフィスビルを購入する場合、価格が高額になってしまうことに加え、いざ、売却する際も購入できる層が限られてしまい流動性が失われてしまう。また、1つの物件に資金が集中してしまえば、エリアリスクも懸念されるところだ。その点、「区分所有オフィス」でエリアを分散してポートフォリオを形成してしまえば、自由に物件を組み合わせて柔軟に運用することが可能である。

ハイブリッドプレミアムビルディングを活用すれば、売却、返済、資金運用、あるいは調達も自由自在となる。

「区分所有オフィス」は相続対策としてもオススメ

不動産投資としての「区分所有オフィス」は、相続対策にも効果的だ。現金のまま相続すると高額な相続税を徴収されてしまうが、不動産であれば節税につながる。さらに「区分所有オフィス」なら分割しやすいため、相続人間のいわゆる「争族」対策にもなるのだ。

このように、「区分所有オフィス」への投資にはメリットが多い。気になる管理体制についても、区分での保有となるため、共用部分の突発的なコストを管理費、修繕積立金によって平準化できる。安定したキャッシュフローを維持したまま運用できるのだ。

ぜひ、「区分所有オフィス」の特性を活用し、高収益を目指してみてはいかがだろうか。

※「区分所有オフィス」は株式会社ボルテックスの登録商標です。

「ハイブリッドプレミアムビルディング(Hybrid Premium Building)」について詳しくは下記をご参照下さい。
https://www.vortex-net.com/service/portfolio/

イベントスケジュール