休日は仕事を忘れて!都内にある温泉・サウナ5選

(写真=PIXTA)

良い経営者というものは、働くときは思いっきり働き、逆に休みの日には思いっきり休むものだ。しかし、そうは言っても会社の頭脳であり心臓でもある経営者は、いざという時の事態にも備えなければならず、気軽に遠出をすることはできないだろう。そんな時に活用したいのが、都内にある温泉やサウナなどのスパ施設だ。そこで今回は、都内にある温泉・サウナの中でも特におすすめの5施設を紹介していく。

大江戸温泉物語

都内を代表する温泉施設といえば、お台場にある大江戸温泉物語だろう。日本初の温泉テーマパークとしてオープンした館内は江戸の町並みが再現され、非日常を存分に味わわせてくれる。館内はすべて浴衣での移動ができるようになっているため、旅行気分も盛り上がるだろう。しかもお湯はすべて天然温泉。泉質はナトリウム・塩化物強塩温泉で、疲労回復にも効果がある。露天風呂はもちろんのこと、広々とした内湯や大きなサウナなどもあり、温泉施設として欲しい要素はすべて揃っていると言っても過言ではないだろう。また、宿泊も可能だ。しかしその分、人気は高く、それ相応の混雑が見込まれるため、近場でイベントなどが行われていない時期を狙っていくと良いだろう。

Times SPA RESTA(タイムズスパレスタ)

池袋という東京を代表する繁華街にありながら、温泉を楽しめるのがこのTimes SPA RESTA(タイムズスパレスタ)だ。池袋のシンボル、サンシャインシティ前にありアクセスも抜群。「五感で四季を感じる」をコンセプトとして館内は、上質なくつろぎのための施設や空間が広がっている。そこは誰もが訪れる大衆浴場というよりは、ワンランク上の大人のための施設と言えるだろう。微細な泡が体を包んでくれる露天風呂「ホワイトイオンバス」や、五右衛門風呂を彷彿とさせる露天風呂「釜風呂」などをはじめ、温泉の種類も数多く、サウナなども充実している。都心部ゆえに帰宅の手間も必要ないと考えると、費用対効果は抜群だ。

テルマ―湯

テルマ―湯は新宿に居を構える最新のスーパー銭湯だ。歌舞伎町のほど近くに位置しており、アクセスの良さはもちろんのこと、それまでの喧騒を忘れさせてくれるような上質な空間がそこには広がっている。2015年のオープンと言うこともあり、まだまだ新しい施設は綺麗で、リラックス効果は抜群。温泉も中伊豆温泉の「神代の湯」から天然温泉が毎日運ばれており、泉質も折り紙つきだ。「新宿で温泉」という非日常を味わいたい人に最適だろう。

>>【無料eBookダウンロード】ビジネスを安定させる不変の法則

豊島園 庭の湯

都内でも屈指の規模を誇る、練馬区の豊島園庭の湯。自然あふれる景色を見ながらの入浴は非常に心地よいものだが、それ以上におすすめなのが中学生未満入場不可という点だろう。楽しい雰囲気を味わい時であれば構わないが、静かに落ち着きたい時などは、できる限り子どもが少ない場所に行きたくもなる。そうした大人ならではの希望に応えてくれる温泉だ。

美しの湯

閑静な住宅街として人気の高井戸にも温泉施設がある。それがこの美しの湯だ。館内はザ・スーパー銭湯といった趣で、どことなく懐かしいような気持ちにさせてくれる。館内には大浴場や露天風呂、サウナなど一通り備えているため、どんな人でも満足することができるだろう。しかもこの美しの湯は、天然温泉だ。その名の通り美肌効果も期待できるのは、女性にはうれしい効能だろう。もちろん、男性であっても美しい肌へのこだわりを捨ててはいけない。食事処も充実しているので、朝から晩まで楽しめるスーパー銭湯だ

まとめ

東京というと都会のイメージが強く、このようなリラックス空間には期待できないと思っている人も多いかもしれないが、実はさまざまな温泉施設が点在しており、そのどれもが趣向を凝らした独自の魅力を発信している温泉都市でもある。わざわざ遠出をする必要なく、このような施設でゆっくりとリラックスできるというのはこの上ない贅沢と言えるだろう。ぜひ利用を検討してみてはいかがだろうか。

>>【無料eBookダウンロード】ビジネスを安定させる不変の法則

【オススメ記事】
優れたリーダーに求められる「5つの要素」とは?
こんなに多い日本の100年企業 100年続く秘訣とは?
地方オフィス市場の現状と展望・東京一極集中の危険性
経営者に資産管理会社を勧める3つの理由――相続を見据えて――
経営者なら知っておきたいESGの視点 長期的に企業価値を高める新しい判断基準

イベントスケジュール