経済・経営のニュースを取り上げる、百計ONLINE。

経営NEWS-百年の計

フェラーリが上場 名門企業のオーナーになる方法


bc6e87e3300a9cc0c2af5e32ccd98bdd
(写真=PIXTA)

フェラーリIPOは売り出し価格から15%高

 フェラーリ(Ferrari)が10月21日にニュ―ヨーク証券取引所(NYSE)に上場(IPO)した。

 世界中に熱狂的なファンをもつイタリアの高級スポーツカーメーカーだけに、そのIPOは世界中から注目されていた。21日は買い気配で始まり、初値は売り出し価格の52ドルを15%上まわる60ドルとなり、IPOは大成功だった。その後もほぼ50−60ドルのレンジでトレードされている。

 米国のIPOは2014年には急増したが、今年2015年は株式市場の低迷から減少しており人気もあまりないのが現状だ。しかし、フェラーリは知名度も高く富裕層に人気が高いこともあって別格の人気だった。

 上場時のフェラーリの時価総額は、113億3000万ドル(約1兆3000億円)に達した。日本の自動車メーカーのマツダとほぼ同じ時価総額だ。マツダの2014年の世界販売台数は137万台であったのに対し、フェラーリの2014年の年間販売台数はたったの7255台。この時価総額は、フェラーリ人気のすごさを物語っている。

フェラーリのライバルはエルメス

 売り出し価格も話題になった。52ドルの売り出し価格は、48−52ドルの条件レンジの最上限で決まり、2014年12月期の実績PERで37倍になる。世界の大手自動車メーカーは、GM(ゼネラルモーターズ)やフォード・モーターなどの米国メーカーが20倍程度、欧州で大手のフォルクスワーゲン、ダイムラー、ルノー、BMWなどが10倍程度。日本で大手のトヨタ、日産、ホンダも10倍程度。フェラーリの自動車株としての割高感は否めない。

 フェラーリは1台3000万円を超える高級スポーツカーを扱う、富裕者層やマニアに特化した特別なメーカーだけに、自動車メーカーとしてよりもブランド会社としての評価になっている。世界的な高級ブランドを見ると、エルメスは40倍、サルヴァトーレ・フェラガモ、プラダ、モエ ヘネシー・ルイ ヴィトンといったところで20−30倍。フェラーリはエルメスなみの売り出し価格設定なのだ。

 実際、売り上げの18%はスポンサー収入とフェラーリブランドのライセンス・ロイヤリティ収入になっている。マールボロなどからのスポンサー収入やサングラスのオークリー、スポーツウェアのプーマなどからのライセンス・ロイヤリティ収入だ。フェラーリブランドという評価も間違った見方とは言えないだろう。

フィアット・クライスラーからスピンオフ

 今回のIPOは、フェラーリの親会社で世界7位の自動車メーカーであるフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)によるフェラーリのスピンオフ(独立分離)の一環だ。FCAはフェラーリ売却などで調達した資金で世界の自動車メーカー競争に対抗するため、ジープやアルファ ロメオ、マセラティといった自社ブランドの世界展開を強化していく戦略を打ち出している。 

 今回、FCAはフェラーリ株の持ち分90%のうち10%を売り出して残り80%を所有、もともと10%はフェラーリ創業者エンツォ・フェラーリ氏の息子であるピエロ・フェラーリ氏が所有している。上場申請書によると、残りの80%については来年2016年初旬にも既存の株主に配分し、完全にスピンアウトする計画となっている。スピンアウト後の株主構成は、一般株主66%、Exor S.p.A.(FCAの最大株主)24%、ピエロ・フェラーリ氏10%となる見込みだ。

 そもそも熱狂的なファンの多い人気会社だけに長期保有する投資家が多いと見られるが、3年以上所有する投資家に対しては特別な投票権を設定するようだ。来年の分配方法などはまだ決まっていないようだが、既存株主への配分のスキームだと浮動株が増えない可能性が高い。株価は、当面市場のバリュエーションよりプレミアムで取り引きされる可能性が高そうだ。

アジアで63%増と好調

 10月28日、フェラーリは上場後初の四半期決算を発表した。2015年第3四半期(7-9月)の売上高は、7億2300万ユーロ(約961億円)で前年同期比9.2%増。純利益は9400万ユーロ(約125億円)で、前年同期比62%と大幅増収益を達成している。第3四半期の世界新車販売台数は1949台。前年同期の1612台に対して21%増えている。地域別では、メイン市場の米国が前年同期比30%増と好調。欧州は16%増、アジア太平洋地域は日本とオーストラリアの貢献で63%増となっているが、中国は24%減。

 2015年12月期通期の予想に関しては、売上高28億ユーロ(約3724億円)の前年比1.3%増と公表している。2015年の販売台数は7700台と予想。昨年の7255台から6%増の見込みだ。

 フェラーリは今後の成長戦略として、スポンサー・ロイヤリティ収入増、マセラティへのエンジン供給拡大、アジアでの売上拡大を戦略として掲げている。 

7000円であなたもフェラーリのオーナーに 

 フェラーリ株はNYSE上場株なので、日本でも外国証券口座を所有していれば買うことができる。大手ネット証券ならオンラインでも買えるようだ。最低売買単位は1株なので、7000円程度であなたも高級スポーツカーメーカー「フェラーリ」のオーナーだ。 

 日本の証券コードにあたるティッカーは「RACE(レース)」。F1の名門にふさわしく何とも素敵なティッカーだ。株価などのデータやチャートは日本のYahoo! ファイナンスでも「RACE」と打ち込めば見ることができる。

TOP