登壇企業一覧

■有限会社清香園 四代目園主・代表取締役 山田 登美男氏 / 第十二回埼玉

1938年生まれ。65年清香園三代目のもとで盆栽修業に入る。日本盆栽作風展に75年の第一回展から出展し、入選(第一回展)、委員会長賞(第二回展)、外務大臣賞(第三回展)、毎日新聞社社長賞他各賞(第四~九回展)、内閣総理大臣賞(第十回展)と連続受賞。83年四代目継承。91年日本盆栽作家協会設立、代表幹事就任。同年三越新宿店にて「彩花盆栽」発表。93~2013年大宮盆栽協同組合理事長。09年さいたま市大宮盆栽美術館の盆栽管理官に就任、現在に至る。
ホームページ https://www.seikouen.cc/

■トキタ種苗株式会社 代表取締役社長 時田 巌氏 / 第十二回埼玉

1967年生まれ。90年青山学院大学経営学部卒業、94年米国ロチェスター大学サイモン経営大学院修士課程修了。89年トキタ種苗入社、2005年から現職。98年のインドを皮切りに海外事業の強化に力を注ぐ。かわいらしいイチゴ形と甘さで人気のミニトマト「トマトベリー」を海外展開からスタートし、世界最大級の青果展示会では革新・新規性を競う賞で入賞。イタリア野菜を日本向けに改良し、食文化に定着させるプロジェクト「Gusto Italia」にも取り組む。
ホームページ http://www.tokitaseed.co.jp/

■株式会社永瀬留十郎工場 取締役社長 永瀬 重一氏 / 第十二回埼玉

1971年埼玉県生まれ。93年東京大学工学部機械工学科卒業後、小松製作所(コマツ)に入社。96年永瀬留十郎工場に入社し、2010年社長就任(6代目)。ものつくり大学評議員等の公職も務める。一級技能士、上級鋳造技士。同社は、埼玉県鋳造技術コンクール球状黒鉛鋳鉄部門において、2003~18年の16年間で14回、第1位埼玉県知事賞を受賞しているほか、日本で唯一の全国技能士会連合会認定鋳造マイスターを擁するなど一流の技術者集団である。
ホームページ http://www3.tky.3web.ne.jp/~nagatome/

■株式会社イシダ 石田 隆英氏 / 第十一回京都

1970年京都市生まれ。1993年明治大学政治経済学部卒業。1997年民間初のハカリメーカー、 イシダ入社。2007年、マサチューセッツ工科大学経営大学院修了(MBA取得)。2008年、取締役副社長に就任し、2010年5月から現職。公職として、一般社団法人京都経済同友会幹事、公益社団法人左京納税協会副会長、一般社団法人日本YPO監事などを務める一方、2018年10月より経済産業省産業構造審議会臨時委員も務めている。
ホームページ https://www.ishida.co.jp/ww/jp/

■株式会社半兵衛麸 玉置 万美氏 / 第十一回京都

京都市生まれ。1689年(元禄2年)創業の半兵衛麸12代目。幼少の頃から家業を手伝うなか、料理に興味を持ち、24歳で調理師免許を取得。お麸の新しい食べ方の発信や食育・京文化の伝承の活動のほか、しにせの精神についても講演活動を行なっている。京都市観光大使、おこしやす京都委員会、京都商工会議所青年部の役員などを歴任。主著に『京都 半兵衛麸のやさしいお麸レシピ』(淡交社)がある。
ホームページ https://www.hanbey.co.jp/
通販サイト https://www.hanbey.jp/

■株式会社細尾 細尾 真孝氏 / 第十一回京都

1978年京都市生まれ。1688年(元禄元年)創業の西陣織の老舗「細尾」12代目。西陣織の技術や素材をベースにしたテキスタイルを海外に向けて展開し、ディオールやシャネルの店舗に使用されるなど、世界的に活躍。2014年日経ビジネス誌「日本の主役100人」に選出。2016年マサチューセッツ工科大学メディアラボ ディレクターズフェローに就任し、西陣織と最先端のテクノロジーの融合による革新的なファブリックの開発を行なっている。
ホームページ http://www.hosoo.co.jp/

■株式会社きっかわ 吉川 真嗣氏/第十回新潟

創業392年、村上の伝統の鮭料理の製造販売をする店。もともと造り酒屋だったが、戦後、廃れかけた村上の鮭料理を、絶やしてはならぬと、大きく方向転換し、村上で初めて鮭料理を製品化した。村上の大切な鮭の食文化を守らんと、この決断をし、村上の鮭料理の復興に人生を捧げたのが、先代の社長14代目吉川哲鮭である。代表的な商品に「塩引鮭」や「鮭の酒びたし」がある。

2016年には、鮭を尊び全てを生かす、気候風土の中で時間をかけ発酵熟成させて作る、という村上の鮭料理の本質を生かし、鮭フレンチの新ブランド「Madamu Kikkawa」を立ち上げた。また昨年は村上初となる鮭料理専門店「千年鮭 井筒屋」をオープンした。

きっかわの商品はすべて手作り。「唯一最高の味」を追求するため、良いものを選び、人の手をかけ、自然の中で時間をかけ、食品添加物を一切使わない、ごまかしのない本物のものづくりを貫いている。
ホームページ https://www.murakamisake.com/
通販サイト http://www.murakamisake.jp/shop/Top

■株式会社百花園 太田 等氏/第十回新潟

明治15年の創業当時より“誠実な菓子作り”をモットーとし真摯にお菓子作りと向き合ってきました。職人の技術向上にも努め、現在では3人の職人が国家資格でもある和菓子の一級技能士を取得しています。近年では、若い世代にも和菓子の魅力を知ってもらいたいという想いから「HIYORIKA‐日和菓‐」という新ブランドを立ち上げました。HIYORIKAでは老舗の肩書があるからこそ作れなかった“伝統にとらわれない新しい形の和菓子”を提案。
また、イベントなどへ出向いて、店頭では表現しきれない和菓子の美しい空間や世界観を提供する和菓子の“ケータリングサービス”を始めました。後継者不足とも言われている和菓子業界でどのようにすれば次の世代へ繋げていけるのかと模索しながら新しい取り組みにも挑戦しています。和菓子には、ただ美味しく食べるだけではなく、安らぎや団らん愉しみや潤いを感じてもらえる力があると信じ、一つ一つ丁寧に日々の仕事をおこなっています。
ホームページ http://www.o-hyakkaen.com/

■マルソー株式会社 渡邉 雅之氏/第十回新潟

大正2年(西暦1913年)創業のマルソー株式会社は、マルソーグループの中核企業です。グループ全体で14社、650台を超える車両、970名の社員と言う規模で、多角化戦略による地域貢献を目指しております。学校給食配送、郵便輸送、大手家電量販店配送、事務用什器の輸送設置作業などや、新潟県内各地に独自の大型戦略的物流センター(SLC)を配置し、コンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストア、ホームセンターなど流通業に特化した物流を行っております。また、日本最大の物流ネットワークであるジャパン・トランスポート・パートナーズシステムの創設会社であり本部として、全国52社によるネットワークを構築しております。更に、施設管理者として三条市の斎場運営、商事部門においては、補助金を活用した省エネコンサルティングなども行っております。昨年2017年より社内託児所を3ヶ所開設(来年度2019年度は4か所計画中)し、女性に優しい職場環境の構築を推進しております。
ホームページ https://www.maruso.co.jp/

■関谷醸造株式会社 関谷健氏/第九回名古屋

1864年(元治元年)創業の日本酒の醸造元。米の旨味を丁寧に引き出した高精白で高品質な酒造りを目指し、1985年に純米大吟醸空を発売する。
季節雇用の職人による酒造りが常態だった1980年代から地元の若者を積極的に雇用、1993年から通年雇用の社員による酒造りの体制を作り上げた。機械化を進めて労働環境を整備するとともに、酒造工程に人の手を十分に掛けられる仕組みを作り、集積したデータを活用して再現性の高い酒造りを実現してきた。
先人から受け継がれてきた酒造技術の継承と、醸造の多様な可能性を発信する場を作るために、2004年に豊田市に「ほうらいせん吟醸工房」を開設した。同時期から原料米の確保と地域の農業振興を目指して米作りを始め、現在25㏊を耕作している。
2013年、名古屋市西区にSAKE BAR圓谷をオープン。食を豊かに彩る日本酒の魅力を提案している。
ホームページ https://www.houraisen.co.jp/ja/